ふろしき

主人のイトコのRちゃんからもらったふろしきの本。「初めてのふろしきレッスン」
e0114137_16393067.jpg


この本の監修の山田悦子さんという方は、Rちゃんの高校のときのテニス部の後輩。

Rちゃんが所属していたテニス部を、私の父が顧問していたのだから、山田さんは父をよく知

ってくれている人にちがいありません。

お会いしたこともないのに、勝手に親しみを感じてしまっています。


さっそくふろしき結びにチャレンジ!!

左がリボン結び、右はコサージュ結びでございます。

e0114137_16443159.jpge0114137_16455444.jpg








なかなかいいもんですね。

ふろしきの魅力、再発見!です。


山田悦子さんは、京都二条のふろしきメーカー山田繊維株式会社が運営する「京都和文化

研究所 むす美」のアートディレクターを務めておられます。

「京都和文化研究所 むす美」は、東京・原宿に店を構えている、日本初のふろしき専門ショ

ップ。品揃えも豊富で、素敵な店構えのようです。

行ってみたいなぁ~

東京にお住まいの方は、是非行ってみてくださいね。それでもって様子を教えて~

ふろしきの講習会も無料で催しておられるようですよ。

外国へ行くときの、お土産にいいかも!
[PR]
Commented by happytable-eire at 2009-03-28 07:04
お餞別に風呂敷結びの本もいただいたし、私も風呂敷はいろいろと持って来ました。
来るちょっと前に伊勢丹で素敵な風呂敷を見て欲しかったけれど高くて買わなかったのが心残りです。
Commented by nagominohitotoki at 2009-03-29 20:54
風呂敷、持っていってらっしゃるんですね!
ワインを粋に風呂敷で結んで、颯爽とダブリンの街角を歩くJunkoさん、
そんな感じかしら・・
Commented by happytable-eire at 2009-04-01 00:45
うふふ、そういうのいいですね。日本のテイストが分かってくださる方のところに行く時にはぜひワインを包んでいこうと思っています。
by nagominohitotoki | 2009-03-26 16:39 | 雑貨 | Comments(3)

古くなった生家を再生したい


by nagominohitotoki