お茶会が同窓会に・・

e0114137_1350332.jpgNAKOさんがこの家でお茶会をしてくれまし

た。

伏見界隈にお住まいのお友達に声かけした

ところ、小、中学校の同級生だけになり、ミニ

ミニ同窓会となりました。

女性軍は、はりきって着物で参加。

なんたって新年ですから。

お献立は、京都らしく白みそのお雑煮から始

まり、お菓子は花びら餅。

それからお濃茶にお薄。

若い芽だけ使っているから、苦くないよと言われていたのですが、

お濃茶初めての私には、ちと苦うございました。

写真を撮ったり、昔話をしたりと、楽しいひとときでありました。

NAKOさん、ありがとう。またお願いしま~す♪
e0114137_1461888.jpg

[PR]
Commented by yutakarlson at 2009-02-09 13:14 x
■【一服どうぞ】裏千家前家元・千玄室-忙しいときほど必要な一服?
yutakarlson
こんにちは。お茶会いいですね。やはり、心が癒されます。私自身は、すっかり最近はお茶のことなど忘れていましたが、お茶でも一服して明日の活力にしたいです。最近の世の中、すっかり、日本のことを忘れて、北米市場にばかり力を入れていた、トヨタ自動車などの企業が苦戦を強いられていますね。NTTのようなに国内市場に力を入れてきたところは、業績が良くなっているところも多いです。また、街のケーキ屋さんなど、昨年の暮れは大繁盛でした。いわゆる日本の「かわいい系」ファッションはとどまる勢いを知りません。まるで、金融危機などなかったかのようです。やはり、目の前のお客に顔を向けて商売をするということが、商売の基本なのだと思います。そんな中で、私たちは日本人なのですから、お茶など「和心」を大切にするというものの考え方から新しい日本の方向性を打ち出すことができるのではないかと思います。それに、お茶などで落ち着きを取り戻すことが今の日本では重要なことなのだと思います。詳細は是非私のブログをご覧になってください。
Commented by nagominohitotoki at 2009-02-12 12:14
お越しいただき、ありがとうございます。
おっしゃるとおり、せちがらいご時世、お茶でひとときの癒しを味わうのが
いいかもしれません。
by nagominohitotoki | 2009-01-12 14:06 | 暮らし | Comments(2)

古くなった生家を再生したい


by nagominohitotoki