連休のお客様

行楽日和の連休に、二組のお客様がおみえになりました。

23日は、お母さんが私の大学のときの同級生のTさんご家族と、お友達のNさんご家族の、

みんなで8人。若い頃、同時期にお互いアメリカに転勤されていて、苦楽を供にされた仲間だ

そうで、十年ぶりの再会だそうです。Nさん御一家は大分にお住まいですが、ご両親が学生

時代に京都で出会い、愛を育まれ、現在子供さんが京都で学生生活を送っておられます。

またTさん御一家は神戸にお住まいですが、お父さんの出身大学が京都で、娘さんもお父さ

んの母校に通われています。

ゆかりの深い京都でゆっくり再会したい・・とのことで、この家を選んでいただきました。

パーティのメニューは、Tさんが錦市場で買ってきた生麩などのおいしいものと、注文してい

たさば寿司、あとは私の家庭料理です。とても楽しくお過ごしいただいたご様子。きっと異国

での思い出話や現在のことで、話がつきなかったことでしょう。

次の日は、Tさんの娘さんのおすすめで、圓徳院で紅葉を楽しまれたそうです。

懐かしい再会の場所に使っていただいて、ありがとうございました。ホテルや旅館では味わえ

ない、楽しいなごみのひとときを過ごしていただくことが私たちの願いです。

また機会がありましたら、是非お越しくださいませ。お待ちいたしております。


e0114137_10412746.jpg

菊と真弓。                     

真弓の実がたまらなく、可愛い。








24日は二週間前にもご利用いただいた、Kさんご家族。Kさんのご主人は京都出身ではない

のですが、伏見のことや京都のおいしいものをよくご存知でいつも教えていただいています。

今回は宇治上神社と海宝寺に行かれました。宇治上神社は、平安時代後期の本殿が残って

おり、なんと京都の17ある世界文化遺産のひとつです。宇治といえば、みなさん平等院に行

かれますが、ここは穴場のおすすめスポットだそうです。恥ずかしながら、私もまったく知らな

かったのですが、是非一度訪れたいと思います。

お昼は海宝寺で普茶料理をいただかれました。海宝寺はこの家から歩いて15分くらいで行

けます。私も若いころ、親戚の叔母に連れて行ってもらって、普茶料理がとてもおいしかった

印象があります。このお寺には、伊藤若冲の絶筆の間があります。残念ながら彼の絵はあり

ませんが、若冲ファンの方は是非おとずれてみてくださいね。「ロケーションが最高だった!」

と、Kさんはおっしゃってましたよ。Kさん、いつも情報ありがとうごさいます。これからもどうぞ

よろしくお願いいたします!!
[PR]
by nagominohitotoki | 2007-11-27 10:43 | 暮らし | Comments(0)

古くなった生家を再生したい


by nagominohitotoki