はじめてわかった

このお家、もともとはご隠居さんのために建てた、ちょっと粋な離れのお家だったらしい。

私たちの両親が住むようになってからは、このままじゃ狭すぎるし、使い勝手が悪いしで、

何度も増改築を行いました。だから完全な町家ではありません。でも昭和のにおいが感じら

れる懐かしい雰囲気です。

先日、近所の電気屋さんが、電気の配線工事で天井裏に上がった時、昭和九年と書いてあ

る木を見つけてくれました。古い和室は築72年なんだね。はじめてわかった。でもいい木が

使われていたのか、古い和室はあまり傷みがありません。よくがんばってくれてるね~。

e0114137_141314.jpg

[PR]
by nagominohitotoki | 2006-12-02 13:26 | 暮らし | Comments(0)

古くなった生家を再生したい


by nagominohitotoki