突然のワークショップ

アメリカのシアトルから、親戚のTさん夫婦が来られ、滞在されました。

そもそもこの家をゲストハウスにしたのも、アメリカに大勢住んでいる親戚が、気軽に

京都で滞在できるように・・と思い、始めたことなんです。

やっとその想いが通じて、滞在される運びとなりました。

Tさんは、主人の父のいとこになります。

広島や岡山に滞在した後、京都で数日過ごし、次は名古屋方面、東京にも行かれるご様子。

伏見はちょうどお祭りの最中で、さば寿司を近くのお寿司屋さんに作ってもらいました。

小さい頃は母がよくお祭りのときには、さば寿司を作っていたことを思い出します。

さば寿司を食べながらお話をしていると、Tさんはシアトルでは時間のあるとき、和の

ハギレでアクセサリーを作っていると聞き、この家にもありますよと、着物のハギレを

提供しました。すると「じゃあ教えてあげましょう。」と言われて、急遽ワークショップが

始まりました。

親戚のRちゃんと3人で、ちくちく針仕事。たくさんのお花のできあがり。
e0114137_1636256.png


ワークショップのあとは、酒蔵あたりに行って、雨の中を散策しました。

陶器が好きなので、陶器の町をぶらぶら歩いてみたい・・とTさんが言ったので、「酒の器 

TOYODA」さんで、多治見や瀬戸のことを教えてもらいました。

そのあと親戚6人で、鳥せいでお食事。楽しい親戚の集いとなりました。

Tさんご夫婦、また日本に来られるときは、ぜひ寄って行ってくださいね。

お待ちしています。


お土産にもらったシアトルのチョコ。パッケージが綺麗です。
e0114137_16563949.png

[PR]
by nagominohitotoki | 2011-10-10 16:56 | 暮らし | Comments(0)

古くなった生家を再生したい


by nagominohitotoki