上賀茂の社家

e0114137_1212521.jpg
上賀茂神社の東には、神社の神官だった人

たちの家、いわゆる「社家」が残っています。

社家の前には、神社から引いてきた「明神

川」が流れていて、その上にかかる石橋を

渡り家に入るという、なんとも優雅な佇まい

です。

平安時代にぽつぽつと社家が建ちはじめ、

室町時代に社家町が形成され、江戸時代

には200軒ほど立ち並んでいたそうです。今は20軒ほどしかありません。

このうちの一軒に、加藤登紀子さんのご親戚の家があります。登紀子さん親子もしばらく住ん

でおられた時期があり、主人の実家はすぐ近くなので、登紀子さん親子と親しくしていたよう

です。

社家は全国的なものでここだけではありませんが、独特の美しい景観が残っているせいか、

京都市の文化財として、保存地区に指定されています。

上賀茂神社に来られた際は、社家の町並みも是非ご覧になってくださいね。

社家町の向かいには、「なり田」というお漬物屋さんがあって、観光客が必ず訪れるスポット

のひとつになっています。もちろんお漬物も、とてもおいしいですよ!
e0114137_12275435.jpg

[PR]
Commented by happytable-eire at 2009-07-11 05:57
そういえば、うちの近くにも社家長屋町という町名があります。北野天満宮のそばなので、その名残なんでしょうね。
上賀茂神社そばのこのあたりは本当に風情があって好きです。
Commented by nagominohitotoki at 2009-07-12 11:27
きっと宮司さんの親戚一同が住んでらしたんでしょうね。
上賀茂のこの辺りは、町名には社家はでてこないんです。
北野天満宮、久しく行ってないです。また行ってみたいなぁ。
by nagominohitotoki | 2009-07-09 12:28 | 名所 | Comments(2)

古くなった生家を再生したい


by nagominohitotoki