谷崎潤一郎

e0114137_13503569.jpg


芦屋には「谷崎潤一郎記念館」があります。

代表作「細雪」の舞台が芦屋だったことから、記念館が建てられたそうです。

谷崎潤一郎氏は関東の生まれですが、関東大震災をきっかけに関西に住み始めます。

京都と神戸をこよなく愛し、特に京都を舞台にした小説を多く残しています。

若い頃、谷崎潤一郎の小説は数冊しか読んでおらず、内容も全然覚えていませんが、

京都と神戸が舞台ならば、今からでも読んでみようかなんて思います。

モリタハウスを改修したとき、たくさんの古本を捨ててしまい、ちょっと後悔しましたが、

インテりアにもなるかな・・と思って、唯一残した本が谷崎潤一郎全集。

でも文語体で書かれてるから、これでは読めそうにありません。
[PR]
by nagominohitotoki | 2009-06-28 14:09 | 暮らし | Comments(0)

古くなった生家を再生したい


by nagominohitotoki